スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

めざ地ウルガモス

201111081857060c0.gif


191(244)-72-87(12)-176(40)-134(72)-138(140)
V-V-V-U-U-V

H:16n-1
B:余剰
C:11n
D:C182ラティオスの眼鏡流星を確定耐え
S:準速キングドラ抜き

それなりの調整に落ち着いたと思う。

めざ地ウルガモスを使う上での一番の懸案事項は火力とS調整。

個人的にめざ地ウルガモスがヒードランを抜く必要性はそこまで感じていない。
理由は3つある。

1.舞わないとヒードランがめざ地で落ちない
2.控えめヒードランの増加
3.範囲の狭さ

1.
1つめの理由がSを下げた1番の理由です。
ヒードランを確定で落とすためにはどこかで舞わないといけません、
舞うことによりSは逆転するヒードランは意識せず、今回は舞うことでSを意識できる雨下の大半のキングドラに焦点を当てて調整しました。

2.
眼鏡などの控えめヒードランが増加し、ストーンエッジ持ちのヒードランが減少傾向にあるため、これによりヒードラン意識のSを切ることにしました。

3.
これも大きな理由です。めざ氷を持っているならば80族抜き抜きあたりまでSラインを調整して、80族抜きが多く見られるボーマンダなどに先制を取っていきたいですが、めざ地の場合は抜いたことにより意識できる相手がほぼ居ないため、不採用です。

次にCライン。
無振りでも構いませんが、C176でできることは文字でD125グロスを確1に持ち込めるぐらい。
余剰を振ったら綺麗な数字になったので満足しています。

次はDライン。
最高乱数切り(D132)にしないのは、この16の努力値をSに回してもヒードランが抜けないため。
最近チラホラと見る控えめラティオスの流星群を意識するため。

C200ラティオスの眼鏡流星群被弾時の割合
D132
割合: 94.2%~111.5%
回数: 乱数1発 (62.5%)
D134
割合: 92.6%~108.9%
回数: 乱数1発 (50%)

ラティオスがどんな型でも半分の確率で行動することができるのようになる。
※急所被弾率を考慮するとやや下がります

Bについては余りを振った。

以上でめざ地ガモスの配分についての考察を終了します。

過去いくつかのウルガモスの配分を書いてきましたが、この記事を書くにあたりすべてを削除しました。
どれもいまの環境にどれもしっくりきていないため、それらを検索エンジンからご覧になる方々がいないようにしようと思った結果です。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

AKI

Author:AKI
自称ポケ廃の大学生
ニコ生でポケモン配信もやってます
ニコ生:コミュ二ティ
twitter:@aki_poke_nico

What time is it now ?
来客者数
Twitter on FC2
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。